トップ > 指導者だより

指導者だより

「足元を見つめて」


山村留学指導員 赤坂隆宏

 コロナ禍で、今期自分に起きたプラスの変化の一つを書こうと思う。それは、「蝶」に夢中になったこと。今年、特別蝶がたくさん飛んでいたというわけではない。幼少期も宮城の田園地帯で育ち40歳を過ぎたこれまでも、蝶を特に目にしてこなかったわけでもない。
 今年はとにかく蝶が気になり、図鑑を読みあさり、捕虫網を持って追いかけ、展翅して標本箱へ納めた。さらに、採集家の方のご指導を仰ぎ、食草を手に入れては周辺に移植し、集まる樹液や求める蜜の植物を調べて野山を探し歩き、見つけると網を持ってドキドキしながら待ち構え、人目を憚(はばか)らず子どもと共に網を振った。

続きを読む"「足元を見つめて」"



じゃんけんを科学する?


山村留学指導員 高木 陽光

 毎日楽しみにしている食事。デザートとして、リンゴやグレープフルーツが出た際、余りがでることがある。一人一個、というルールを叩き割って、そのおかわり分を手に入れる方法がある。
 じゃんけん、である。

続きを読む"じゃんけんを科学する?"



ジビエ料理


山村留学指導員 持山真

 大岡の夜の道はナイトサファリです。タヌキにシカ、ウサギ、キツネ、ハクビシン、時々イノシシ。いろんな動物に出会います。特にシカは、車が来てライトで照らされても知らんぷりで、なかなか道をあけてくれません。

続きを読む"ジビエ料理"



「決めるのは誰?」


山村留学指導員 邑上 貴厚

 帰省していた子どもたちも無事に帰園し、2週間の自宅待機(センター待機)期間を経て、ようやく普通の(学校に通ったり、外で活動したりする事)生活に戻れた子どもたち。この時期になってくると、周りを見る余裕が出てくるのか、夜の勉強の時間や、風呂に入っているときなど、学園での生活について話をすることが増えてきたように感じる。

続きを読む"「決めるのは誰?」"



生きる力


山村留学指導員 有坂亮祐

 留学生を見送ったあと、事務仕事を片付け、気分転換にドライブに出かけた。この時代なので、車から出ることはほとんどないドライブだが、運転している最中に見かけた白い蕾に目を奪われる。「まだ一月だというのに早すぎないか」と思った。それから一瞬遅れ、電撃が走るようにある花のことを思い出す。

続きを読む"生きる力"



「英語と私」


山村留学指導員  大嶋 しおり

 あるInternational staffから「最近、A子が英語を話すようになった、急にペラペラ話し出して、どこから来たのって感じ」「夕食のときも頑張って会話してる」とA子の英語の成長を聞いた。
 英語村に来たときは、ほぼゼロの英語力だった。そこから英語の歌に興味をもち、週末の英語ダイアリーを丁寧に書き、少しずつ力を伸ばしてきた。International staffからは、次の課題はスピーキングだとアドバイスがあり、彼女は三学期にしっかり目標を持って戻ってきた。

続きを読む"「英語と私」"



「身体の成長と......」


山村留学指導員 上野芽生


 最近、子どもたちから「もうすぐ身長抜かせるかも!」と言われることが多くなったように思う。
 私は同年代の女性の平均身長と比べてかなり身長が高い。そんな私と中学生の男の子の身長が変わらなくなってきている。4月に初めて会ったときよりも確実に身長が伸びており、隣に並んだときに「あれ? こんなに大きかったっけ?」と感じることが増えた。

続きを読む"「身体の成長と......」"



冬の風物詩


山村留学指導員 戸田佐和子


 十二月上旬にドラム缶窯で炭焼き体験をした。木炭の特性の素晴らしさを知った学園生たちは、一生懸命準備し、火入れ後は責任をもって定時毎に窯を見に行き、焚口に薪をくべる作業を数日間引き継いでいった。窯が冷えるのを待ち、下旬に窯出し。全て灰になって何もないのではないか、生木のまま残っているのではないかと、不安を抱えながら蓋を開けると、炭が!

続きを読む"冬の風物詩"



『大岡大好きっ子』


山村留学指導員 青木高志

 新年、明けましておめでとうございます。
 年末に寒波が訪れ、例年になく大雪に見舞われた大岡は、センターの周りも一面の銀世界となりました。そんな中、学園生は思う存分雪遊びやスキーを堪能し、冬休みの帰省をしていきました。コロナ禍の中で、制約のある生活ではあるけれど、自然と戯れることのできる学園生は、本当に幸せだなと思います。

続きを読む"『大岡大好きっ子』"



個人体験


山村留学指導員 稲井祐介


 週末に行う学園全体での活動とは別に、学園生一人ひとりが自分の興味関心に基づき、継続的に取り組む活動を、個人体験活動と呼んでいます。育てる会の山村留学の中核を成すと言っても過言ではないこの個人体験活動、十一月に行う収穫祭では、個人体験発表として、どんなことをしてきたのか、体験よってどんな学びを得たのか等、大勢の観客の前で発表する機会があります。

続きを読む"個人体験"



二〇二〇年


山村留学指導員 有坂亮祐

 年が変わる瞬間はいつも静かだ。年明けのカウントダウンや十二時過ぎてからの初もうでに行こうとするなら、静かに変わるということはないのだと思うが、家で過ごしていると、静かに令和三年を迎えることになる。

続きを読む"二〇二〇年"



「辛いことを乗り越えた先に」


山村留学指導員 今野公彦

 二学期は子ども達と来年度の話をする大切な時期である。
 今頑張っていること、達成したい目標、将来の夢など、自分と向き合いこれからのことを真剣に考える子ども達と過ごす毎日、こちらもどう声かけをするか考えさせられる。外国で働きたい、獣医さんになりたい、英語村でリーダーになりたい、英検二級に合格したい、英語村のスタッフになりたいなど、やりたいことについて話す子ども達の目は輝いている。

続きを読む"「辛いことを乗り越えた先に」"



歩くことに貪欲に


山村留学指導員 大山楽人

 収穫祭を終え、いつも以上に静かに感じる農家中のセンター。そして、八坂の景色もまた静かに冬を待っているように見える。
 二〇二〇年もあと一ヶ月。今年は、山村留学にとって大きな転機になっただろう。様々な制限に縛られる日々。当たり前にできていたことができないことへのもどかしさが子ども達から滲み出ている。

続きを読む"歩くことに貪欲に"



個人体験の時間


山村留学指導員 高木陽光

 コロナ禍での収穫祭が無事に終わり、慌ただしかったセンターでの生活が元に戻った。太鼓や民舞、行ってきた農事の発表など、様々な内容がある中、学園生が、おそらく一番時間をかけたものが、個人体験発表に関することだろう。

続きを読む"個人体験の時間"



「しあわせだなぁ」


山村留学指導員 伊藤僚

 収穫祭本番を1週間前に控えた頃、子どもたちのモチベーションもいよいよ高まり、「大広間の掃除、声かけてやっちゃった方がいいよね!」「はやく食べ終わって、準備しないと」と、自分から生活の質を一段階も、二段階も上げて動く姿があった。

続きを読む"「しあわせだなぁ」"



「歩み寄るということ」


山村留学指導員 邑上貴厚

 大田市山村留学センターでは、11月14日の収穫祭以降、3月の修園の集いを迎えるまでの約4ヶ月間、地元の神楽団に教えていただきながら、「石見神楽」を体験することができる。地域の伝統文化の本物に触れられる貴重な体験である。
 しかしこの体験は必ずやるという活動にはしていない。子どもたちの希望を聞き、全員の希望があってはじめて、活動がスタートする。

続きを読む"「歩み寄るということ」"



失敗経験


山村留学指導員 有坂亮祐

 木々の葉っぱが、いつの間にか無くなり、赤かった山々に茶色の部分が増え始めている。ここ最近は暖かく、冬のおとずれなど感じなかったが、木々はすでに冬の準備を終えようとしていた。
 大川村では、小中学校の学習発表会や村の文化祭が終わった。しかし、部活の大会やマラソン大会が残っている。留学生にとって、年末よりも十一月中旬からの行事ラッシュのほうがよっぽど忙しいのかもしれない。

続きを読む"失敗経験"



明日への活力


山村留学指導員 石川寿

 晩秋はあっという間に日が落ちる。すでに夕焼け空で辺りは暗くなり始めている。子ども達は「今日も行きたい」と指導員に声を掛け、そそくさとランドセルを片付け、英語村周辺の地域へと繰り出して行く。

続きを読む"明日への活力"



「楽しい」が交わる


山村留学指導員 松浦実穂


 学園生が年間を通して取り組むものに、個人体験という活動がある。各々が、自分の関心に沿って、八坂・美麻だからこそできる体験を重ねていくものだ。十一月末の「収穫祭」で成果を発表する場を設けているので、秋口を過ぎると個人体験にも力が入る。

続きを読む"「楽しい」が交わる"



生きものの世話を通して


山村留学指導員 戸田佐和子

 ある日の夕方、玄関から「今日のヤギ当番、誰? ヤギが小屋にいないのに何に餌やったの?」という職員の呆れた様な声が。

続きを読む"生きものの世話を通して"






©SODATERUKAI All rights reserved.