やさか幼児・低学年班 やさかやまびこ班 やさか山村生活班 やさかチャレンジ班 やさか長期班 やさかファミリー班 自然研究班 サバイバル班 南信濃高原山村生活班 南信濃高原チャレンジ班 南信濃高原長期班 アルプスの里聖高原班 アルプスの里聖高原長期班 ヨット・カヌー班
トップ > 自然体験キャンプ > 自然体験キャンプ レポート > カテゴリー別アーカイブ

自然体験キャンプ レポート

8月19日 やさか 活動の様子


今日は青空が広がり、久々の晴れ。

青空の下、各班元気に活動しました。

山村生活班は、今日から高学年班と低学年班に分かれて活動。

低学年班は、ならの森キャンプ場へ行き、1泊のキャンプに挑戦。自分たちでご飯を炊き、夜は寝袋を使ってテントで寝ます。

キャンプ場へ行く途中、山村留学生の育てたジャガイモとトマトを収穫。

P8191566.JPG

DSCF9761.JPG

P8191579.JPG

高学年班は、午前中はデイキャンプ。自分たちで火を付け、飯盒でご飯を炊きました。

午後からは楽しみにしていた農家活動へ。4軒の農家さん宅へ分かれて今日から2泊「農家の子ども」になる体験です。

自然研究班は、大町市美麻地区に化石採りへ。山道を車でどんどん登っていき、途中で降りて歩いて採取場所へ行きました。

DSCF7798.JPG

DSCF7803.JPG

採取した化石を持って、そのまま隣町にある化石博物館へ。学芸員の方にクリーニングの方法を教えていただき、それぞれ化石をきれいにして持ち帰りました。

DSCF7826.JPG

DSCF7848.JPG

明日もまだまだ活動は続きます。1年間の長期山村留学生(32名)も、夏休みを終えセンターに戻って来るので、センターはますます賑やかになります。


17:54


8月18日 やさか 活動の様子


今日は朝から雨が降ったり止んだりとすっきりしない天気。

それでも、各班元気いっぱい活動しました。

山村生活班は、多少雨が降ってはいましたが、予定通り鷹狩山へ。途中の山道で、クラフトで使うバードコールの材料となる木を集めながら歩きました。

DSCF9744.JPG

P8181536.JPG

山頂でお弁当を食べ、また山道を歩いてセンターへ。その後、拾ってきた木をのこぎりで切り、バードコールを作りました。

P8181545.JPG

自然研究班は、地元講師の方お二人に来ていただき、「地層・岩石」と「蝶」について教わりながら体験をしました。

まず全員で大町市美麻地区の中山高原に行き、地層を見学し、火山灰層の中に含まれる鉱物を採取。

DSCF7655.JPG

DSCF7672.JPG

午後は、2グループに分かれ、山岳博物館学芸員の方による「石や化石の宝箱づくり」と、蝶の収集家による「蝶の不思議と標本作り」を行いました。

講師の先生が育てた蝶を標本にしてみました。

IMG_7500.JPG

IMG_7511.JPG

火山灰層の中に含まれる石英や砂鉄、水晶などを抽出。

DSCF7748.JPG

DSCF7730.JPG

みんな興味津々で、講師の先生方にたくさん質問をし、メモを取りつつ標本作りに取り組んでいました。

明日は山村生活班の高学年は地域の農家さん宅へ。低学年はキャンプ。

自然研究班は化石採りに出かけます。


15:53


8月17日 やさか 活動の様子


今日から、やさか山村生活班と自然研究班がスタートしました。

各地から電車を乗り継ぎ松本駅へ。松本駅からバスで約1時間、大町市やさかの入り口へ。

DSCF7603.JPG

DSC04721.JPG

そこから山村留学センターまで約2kmを歩きます。途中、木々のトンネルを抜け、広い畑の中を通り、草花や虫たちと触れ合いながら賑やかに歩いていきました。

DSCF7614.JPG

DSC04724.JPG

センターに着くと、それぞれの班ごとに注意事項を聞き、館内案内後、おやつの牛乳を飲みました。

その後は竹のはし作り。オリジナルのはしを、小刀を正しく使って作りました。

DSC04735.JPG

DSCF7628.JPG

お風呂に入り、夕飯を食べ、夜は明日に向けてのミーティング。

夕飯では、正座をし、「いただきます」「いただきました(ごちそうさま)」としっかりと挨拶をして食べます。

明日から22日まで、山村生活班は36名、自然研究班は17名、みんなを支える大学生や社会人のリーダー、スタッフと一緒に活動していきます。


20:09


8月12日 やさか 活動の様子


朝方、雨が時折ザっと降るときもありましたが、日中は日差しと暑さが戻ってきました。

幼児低学年班は今日が最終日。片付けをして、お土産のジャガイモをリュックに入れ、帰り支度。それぞれのお家へ電車に乗って戻りました。

長期班は活動できる最後の日。キャンプ班は、夜と朝方に雨に降られましたが、何とかキャンプを無事終えでセンターへ。午前中は濡れたテントなどをみんなで片付けました。

残り時間は選択活動。和太鼓と竹細工に分かれて行いました。弓矢なども作って飛ばしている姿も。

P8121459.JPG

チャレンジ班は、大姥山登山とそば打ち・おやき作りに分かれて活動。

大姥山登山では、鎖場のある急こう配をしばらく登ります。前日の雨で足場が濡れていたため、注意しながら登りました。道端ではキノコもたくさん発見。

DSCF9689.JPG

DSCF9702.JPG

DSCF9703.JPG

そば打ち・おやき作りでは、地元のそば打ちの先生にきてもらい、打ち方を教えてもらいました。お昼は自分たちで打ったそばを食べました。

IMG_20170812_095916.jpg

IMG_20170812_121047.jpg

午後にはおやき作り。中身はあんこ・ナス味噌・イモ味噌の3種類。交代で生地をこね、具を入れて丸くしました。焼いたおやきはおやつにいただきました。

IMG_20170812_152456.jpg

1日からスタートした長期班、8日からスタートしたチャレンジ班、それぞれ明日が解散日です。

大勢で賑わったセンターも16日まではお休み。17日からは、山村生活班と自然研究班の子どもたちとリーダー、スタッフが集い、また賑やかなセンターになる予定です。


15:47


8月11日 やさか 活動の様子


日中は夏空が広がり、気温も暑くなりました。

長期班は、大姥山登山とキャンプに分かれて活動。

大姥山(1006m)登山では、鎖場のある急こう配を登り、山頂を目指します。山頂からの下りは別ルート。昔の人々が歩いた生活道を辿りました。

P8111399.JPG

山頂にある洞穴で、金太郎伝説の絵本をもとに。

P8111409.JPG

P8111441.JPG

キャンプでは、前日までチャレンジ班が行っていた電気もガスもない湧き水のあるキャンプ場へ。薪を拾い、湧き水を使ってご飯を炊き、テントで一泊。

IMG_8935.JPG

IMG_8937.JPG

IMG_8938.JPG

幼児低学年班は、畑で野菜の収穫をしたあと、近くのならの森キャンプ場へ出かけてデイキャンプ。班ごとに自分たちで火を起こし、ご飯を炊きました。おやつには、牛乳パックを使ったホットドッグ作り。

DSCF7487.JPG

DSCF7503.JPG

DSCF7540.JPG

チャレンジ班は、それぞれサバイバルキャンプと古民家自炊生活から戻り、片付けまでしっかりと行いました。

IMG_20170811_102044.jpg

午後は選択活動。釣り、竹細工、のんびり班に分かれて活動。釣りはセンター前の池でフナ釣りに挑戦。竹細工班は竹トンボや水鉄砲作りに挑戦しました。

20170811171352.jpg

20170811171508.jpg

幼児低学年班はあっという間に最終日。明日は電車に乗って家に戻ります。

長期班、チャレンジ班も残り2日です。


15:35


8月10日 やさか 活動の様子


今日も雨には降られず、雲間から青空がのぞく天気。北アルプスの山々も久々に姿を現していました。

長期班は化石採りと釣りに分かれて活動。大町市美麻地区の山奥に行き、地層がむき出しになっている場所で化石を採取。その後、隣町にある「化石博物館」に行き、採取した化石のクリーニングを教えてもらいました。

DSC04480.JPG

DSC04502.JPG

DSC04528.JPG

釣り活動は、しかけを作った後、釣り場まで竹竿をかついで5km歩いて向かいました。

P8101326.JPG

P8101338.JPG

釣った魚は自分たちでさばいて唐揚げに。

P8101360.JPG

幼児低学年班は川遊びへ。北アルプスの山々から流れてくる冷たい水を全身に浴びながら思い切り楽しみました。お弁当を食べたあとは恒例のスイカ割り。

DSCF7354.JPG

DSCF7380.JPG

DSCF7401.JPG

DSCF7427.JPG

夜はナイトハイキングに出かけました。

チャレンジ班は、サバイバルキャンプと古民家自炊生活に分かれて活動。

サバイバルキャンプでは、共同装備をリヤカーに積み、電気もガスもない冷たい湧き水が出るキャンプ場へ。テントをたて、班ごとに自炊開始。みんな必死になって火を起こし、調理をしていました。

DSCF7469.JPG

DSCF7470.JPG

古民家自炊生活班も、共同装備をリヤカーに積み、センター近くの通称「水車小屋」へ。昔、この地域で実際に住んでいた家を譲り受けて移築し、囲炉裏やかまどを使った生活が体験できるようになっています。

山村留学生が育てている野菜を収穫し、その野菜を使ってカレーを作りました。

IMG_20170810_110339.jpg

IMG_20170810_130013.jpg

IMG_20170810_154950.jpg

IMG_20170810_172226.jpg

今日はこのまま古民家に寝袋で泊まります。

明日もそれぞれの班ごとに活動は続きます。


19:39


8月9日 やさか 活動の様子


今日は朝から日差しが強く、夏らしい空が広がっていました。

長期班は2泊3日の農家活動を終え、農家さんに作ってもらったお弁当を持ってセンターへ。各農家さん宅での出来事を新聞にまとめて発表しました。午後は選択活動。竹細工、太鼓、犬の散歩、バードコール作りに分かれて活動しました。

DSC04458.JPG

DSC04469.JPG

DSC04476.JPG

幼児低学年班は、鷹狩山(1164m)へ。山道を歩いて山頂へ向かい、お弁当を食べました。

DSCF7301.JPG

DSCF7300.JPG

戻ってきてから、竹のはし作りをしました。

DSCF7314.JPG

おやつは採れたてキュウリに山村留学生が作った手作り味噌をつけて。

DSCF7323.JPG

チャレンジ班は、木崎湖水遊びと釣りに分かれて活動。

木崎湖グループは、桟橋から飛び込んだり水鉄砲で遊んだりと、思う存分水のきれいな湖での遊びを楽しみました。

DSCF9617.JPG

DSCF9602.JPG

IMG_20170809_150238.jpg

湖岸でお弁当を食べ、スイカ割り大会。

IMG_20170809_135947.jpg

釣りグループは、まずは自分たちでしかけ作り。その後、竹の釣り竿を持ち、釣り場まで約5kmを歩いて向かいました。全員で30匹以上釣り上げ、その場でさばいて唐揚げにしていただきました。

DSCF9645.JPG

DSCF9646.JPG

明日、長期班は化石採りと釣りの選択活動。

幼児低学年班は川遊び。チャレンジ班はサバイバルキャンプと古民家自炊生活の選択になります。

1日から始まった長期班は残り4日。思い残すことのないよう活動を楽しんでほしいと思います。


18:07


8月8日 やさか 活動の様子


心配された台風の影響もほぼなく、今日からスタートする幼児低学年班、チャレンジ班の参加者も無事集合することができました。

DSCF7255.JPG

長期班は昨日から八坂・美麻の各地区に分かれて農家活動をしています。今日は丸1日農家さん宅で過ごす日。それぞれの農家さん宅でたくさんの体験をさせてもらいました。

P8081227.JPG

P8081216.JPG

P8081261.JPG

幼児低学年班・チャレンジ班は、大町駅からバスに乗り、山村留学センターの手前で降りて約2km、自然と触れ合いながら道を歩きました。

DSCF7257.JPG

DSCF7261.JPG

センターに着くと、館内の危険な場所など説明を聞きながらぐるりと一周。

DSCF7270.JPG

チャレンジ班も同じく館内の案内を聞いた後、竹のはし作り。

IMG_5109.jpg

DSCF9621.JPG

自分たちで配膳をし、正座をして姿勢正しく食べます。さっそく自分で作ったはしを使って食事をしました。

DSCF9640.JPG

初日の緊張もあっという間にほぐれた様子で、みんな賑やかに過ごしています。

明日、長期班は農家さん宅から戻り、農家新聞づくりや選択活動の予定。

幼児低学年班は鷹狩山へハイキング。チャレンジ班は木崎湖での水遊びと釣りに分かれて活動します。

天候の回復も見込まれるので、青空の下元気に活動できそうです!


17:39


8月6日 やさかの様子


昨晩は大雨になりましたが、今日の日中はまた暑い日差しが戻ってきました。

サバイバル班は6日間の活動を終え、最終日も歩いて鷹狩山(1164m)に登り、途中「山岳博物館」に寄り拝観、お弁当を食べて駅まで歩きとおしました。

DSCF9615.JPG

長期班は昨晩大雨に降られましたが、無事テントの中で1泊。朝食を食べ、片づけをしてセンターへ。

午後からは、選択活動で竹細工と太鼓の練習、そば打ち体験をしました。

P8061030.JPG

P80610281.JPG

そば打ちでは、慣れない手つきで、班で協力しながらそばを打ち、夕食でおいしくいただきました。「きしめんみたいだけどおいしい!」という声も聞こえてきました。

P8061058.JPG

P8061062.JPG

長期班は明日から2泊3日で農家での活動になります。


10:39


8月5日 やさかの様子


今日も夏空が広がる蒸し暑い1日でした。

やまびこ班は午前中お土産のバードコール作りをし、5日間の活動を終え、電車に乗りそれぞれの解散地へ向かいました。

長期班はキャンプへ。自炊をし、テント泊をしてきます。

サバイバル班は、3泊4日の野外生活を終え無事センターへ。電気もガスもない湧き水のあるキャンプ地から、リヤカーを引き、力を振り絞ってセンターへ。

DSCF9607.JPG

DSCF9605.JPG

DSCF9609.JPG

自分の力で自炊生活や約20キロもの古道歩きなどをやり遂げた表情は、とても晴れ晴れしていました。

片付けをし、3日ぶりのお風呂に入ってサッパリ。昼食、夕食は、久々の「誰かが調理してくれた料理」に、「おいしすぎる!」「ありがたい!」と口にしながらお腹いっぱい食べていました。

車に乗らないサバイバル班は、明日も信濃大町駅まで歩いて向かい、駅から電車に乗って帰る予定です。

長期班は、キャンプから戻ったあとはそば打ち体験の予定です。7日からはみんなが楽しみにしている2泊3日の「農家活動体験」です。


19:18





©2012-2017 SODATERUKAI All rights reserved.