やさか幼児・低学年班 やさかやまびこ班 やさか山村生活班 やさかチャレンジ班 やさか長期班 やさかファミリー班 自然研究班 サバイバル班 南信濃高原山村生活班 南信濃高原チャレンジ班 南信濃高原長期班 アルプスの里聖高原班 アルプスの里聖高原長期班 ヨット・カヌー班
トップ > 自然体験キャンプ > 自然体験キャンプ レポート > カテゴリー別アーカイブ

自然体験キャンプ レポート

ヨット・カヌー班 5日目


乗船活動最終日は、一日雨が降ることもなく、ヨットとカヌーを十分に満喫する一日となりました。
DSCF0930.JPG

続きを読む"ヨット・カヌー班 5日目"



ヨット・カヌー班 4日目


朝は諏訪湖周辺も雨が降っていたようでしたが、出発するころには雨もあがり、予定通り山荘を出発しました。
今日のメインイベントは、班対抗手漕ぎボートレース「とうくろう杯」。
各班仲間と協力してレースに臨むことができました。
DSCF0887.JPG

続きを読む"ヨット・カヌー班 4日目"



ヨット・カヌー班 3日目


乗船活動2日目は、自分で選択した船の乗りました。
クルーザーや複数人乗り又は一人乗りヨットに乗るグループと、カナディアンカヌーやカヤックに乗るグループに分かれて活動しました。
DSCF8635.JPG

続きを読む"ヨット・カヌー班 3日目"



ヨット・カヌー班 2日目


今日から乗船活動がスタートし、1人乗りヨットに乗る子は一日セーリングをし、その他の子は大型クルーザーとカナディアンカヌーを体験しました。
DSCF8601.JPG

続きを読む"ヨット・カヌー班 2日目"



ヨット・カヌー班 1日目


今日から始まったヨット・カヌー班。
14名の子どもたちが各方面から集まり、初日は諏訪湖で船の紹介やロープワークなどの座学を行いました。
DSCF0810.JPG

続きを読む"ヨット・カヌー班 1日目"



第2回 ミニ山村留学 2日目


2日目は、残念ながら霧雨が降り、肌寒い朝となりました。
今日は諏訪湖に移動して、カヌーを使った水辺の観察などをします。

6時半に起床した子どもたちは、1F大部屋に集まって朝のつどいをしました。
外は濃い霧に包まれていましたが、窓を開けて、子どもたちは元気に「おはよーございまーす!」とやまびこ挨拶をしました。
DSCN6811.JPG

続きを読む"第2回 ミニ山村留学 2日目"



第2回 ミニ山村留学 1日目


今日から1泊2日の予定で始まった第2回週末ミニ山村留学。
「初夏の水辺観察とデイキャンプ」というテーマで、キャンプ場での夕食作りや、カヌーを使った水辺の観察などが主な活動です。

新宿駅に集まった20名の子どもたちは、特急あずさに乗って信州の玄関口、富士見町を目指しました。
IMG_20190608_114214.jpg

続きを読む"第2回 ミニ山村留学 1日目"



第1回 ミニ山村留学 2日目


少し雲がありますが、晴天に恵まれた2日目の朝。
今日は畑で野菜の苗植えを行いました。

DSCF8160.JPG
DSCF8162.JPG
6時半に起床したら外に出て朝のつどい。
大きな声で南アルプスに向かって挨拶をしました。
みんなとっても元気です!

続きを読む"第1回 ミニ山村留学 2日目"



第1回 ミニ山村留学 1日目


2019年度最初の週末ミニ山村留学。
第1回の今回は「春の農業体験とデイキャンプ」ということで、畑でのジャガイモ植えやデイキャンプを行います。

元気に新宿駅に集合した子どもたちは、特急あずさで長野県富士見町を目指しました。

IMG_20190518_110209.jpg
IMG_20190518_110152.jpg
車内では早速友だち作り。
トランプなどをして過ごしました。

続きを読む"第1回 ミニ山村留学 1日目"



第4回ミニ山村留学 2日目


昨夜までは晴れ予報でしたが、朝は曇り空に。
時折、晴れ間は見えましたが、曇りが長く続き、一日中少し寒いくらいでした。
そんな二日目は、お弁当を持って、古道「信玄の棒道」を歩きました。

DSCN6705_6.JPG
朝の気温は7℃。
寒くても大きな声でやまびこ挨拶をしました。

DSCN6706_5.JPG
朝食までの時間、ナツメの実をとって食べる子も。
梨のような食感で美味しかったね。

DSCF7973_1.JPG
朝食の配膳も当番でしっかりやりました。

DSCF7974_2.JPG
棒道を歩き始めると、カエデやイウチョウの紅葉がとても綺麗でした。

DSCF7983_4.JPG
DSCN6722_8.JPG
途中、山道も結構あり、動物の骨があったり、きれいな小川が流れていたりなど、変化を楽しむことができました。

DSCN6711_7.JPG
カエルを捕まえて大喜びの子もいましたね。

DSCN6724_9.JPG
歩き始めて約4時間半、ゴールの三分の一湧水公園に到着してハイキングは終わりです。

DSCF7982_3.JPG
みんなよく頑張りました!

これで今年の富士見での活動は終了です。
次回の週末活動は、場所を大町市八坂に移して、来年1月下旬に実施する予定です。
お楽しみに!



第4回ミニ山村留学 1日目


秋も深まった富士見高原でスタートした「秋の古道ハイキングと焼き芋づくり」体験。
今日は、素晴らしい秋晴れの中、畑でサツマイモやジャガイモをほって焼き芋をつくったり、ナイトハイクをしたりしました。

DSCF7965-1.JPG
参加してくれた18名は、車窓を眺めながら富士見高原を目指しました。
途中車内でお弁当を食べ、12時半前には富士見駅に着きました。

山荘に到着し入室した後は、山荘裏の畑に行ってサツマイモなどをほりました。

DSCN6668-1.JPG
サツマイモが出てくるとみんな大喜び。
折れないように慎重にほりました。

DSCN6666-7.JPG
ジャガイモは9月に雨でほれなかったもの。
小さいものもしっかり拾ってくれました。

今年は猛暑の影響で収穫量は少なかったですが、なんとか焼き芋にする分は収穫できました。
続いては焼き芋づくりの準備です。

DSCN6680-3.JPG
収穫したサツマイモをよく洗い、アルミホイルにつつんでから・・・

DSCN6683-2.JPG
山荘近くの林にいって、袋いっぱいの落ち葉を拾いました。

DSCN6684-6.JPG
そして、灰の中に芋を埋めたら、あとはひたすら落ち葉を燃やし続け・・・
頑張ること約1時間。
灰の中の芋を取り出してみると、ホクホクの焼き芋が出来上がっていました!

DSCN6695-9.JPG
秋らしい美味しいおやつの時間となりました。

DSCN6701-8.JPG
その後は束の間の自由時間。
日がかげるまで、鬼ごっこをして走り回りました。

今日の夕食はみんな大好きな唐揚げ。

DSCF7971-3.JPG
DSCF7972-9.JPG
和気あいあいと美味しくいただきました。

食後はしっかりと厚着をしてナイトハイクへ。
今日は満天の星空が見えています。

今の外の気温は10℃以下。
子どもたちも布団に入って消灯です。
明日も秋晴れ予報なので、古道ハイキングも楽しそうですね!

【ご連絡】
明日は朝から山荘を出発し、武田信玄が作ったと言われる約7kmの「信玄の棒道」を、秋を楽しみながらのんびりと歩きます。
ゴールの三分の一湧水公園より、そのまま帰路につきますので、2日目のレポートは11月5日以降にアップ予定です。

※このレポートは活動の概要をお知らせするものです。参加者一人ひとりの様子や写真をお伝えするものではありませんのでご了承ください。



第3回ミニ山村留学 2日目


明け方は少し雨が降っていましたが、徐々に雨も上がり、気持ちのいい朝を迎えました。
今日は、山荘近くの井戸尻遺跡に行って飾り玉を作りました。

DSCN6642_003.JPG
朝のつどいでは、目の前の南アルプスに向かって、大きな声でやまびこ挨拶をしました。

DSCN6647_004.JPG
今日の朝食のメインは、ジャガイモとベーコンの炒め物。
美味しくいただいた後は、当番の子がお皿を洗ってくれました。

DSCN6651_005.JPG

DSCN6654_007.JPG
井戸尻遺跡に到着すると、まずは展示されている土器や矢じりなどを見学しました。
飾り玉も展示されており、縄文時代の実物を見ることが出来ました。

DSCF7952_001.JPG
飾り玉の指導は、館長の小松さんにお願いしました。

DSCF7954_002.JPG

DSCF7958_003.JPG
まずは自分で好きな石(ろう石)を選び、形をイメージして花崗岩などで削ります。
形が出来たら、小松さんお手製の黒曜石の矢じりで穴を開けて完成です。

DSCF7962.JPG
自然の石と道具で作り上げた飾り玉は、どれもとっても綺麗でした。

最後に小松さんから一言。
「縄文人と同じように、自然の石と道具で作った飾り玉なので、決してどこかに捨てないように」
「捨ててしまうと、そこが縄文時代の遺跡になっちゃうからね!」
みんな大事に持って帰ろうね。

DSCF7964.JPG
昼食と大掃除が終わり、今は少し自由時間です。
子どもたちは外で遊んでいます。
みんな元気に帰路につけそうです。

次回の週末活動は、より秋の深まった11月に焼き芋作りや古道ハイキングを行う予定です。
お楽しみに!



第3回ミニ山村留学 1日目


今日からスタートした「入笠山湿原散策と縄文体験」。
天気が心配されましたが、快晴とはいかないまでも、時折薄日のさす天候の中で活動することが出来ました。

IMG_20181013_101012.jpg

IMG_20181013_101022.jpg
新宿駅から特急あずさで八ヶ岳山麓の富士見町へ。
車内ではトランプをしたりして楽しく過ごしました。

まずは入笠湿原へハイキングに出かけました。

IMG_20181013_134739.jpg
ゴンドラに乗って一気に1,700mの世界へ。

IMG_20181013_141009.jpg
カラマツ林の中を木々を眺めたり、お喋りをしたりして歩きました。

DSCN6611.JPG

IMG_20181013_145553.jpg
15分ほど歩くと入笠湿原に到着です。
この時期は草花は終わってしまっていましたが、カラマツの紅葉が少し始まっていました。
木道を歩くのも楽しかったね。

IMG_20181013_142501.jpg
みんなで記念撮影。
思ったほど気温も低くなく、みんな元気一杯に歩けました。

IMG_20181013_152536.jpg
ゴンドラの山頂駅付近では、眼下に富士見高原を一望することができました。

DSCN6641.JPG
山荘に戻ったらしばし自由時間。
栗を拾ったり、カエルを捕まえたり・・・。
シロツメクサやアカツメクサをたくさん摘んだ子もいました。

DSCF7948.JPG
お風呂の後はお待ちかねの夕食。
今日のメイン料理は豚の生姜焼きで、お腹が痛くなるほどたくさん食べた子もいました。

今はナイトハイクから帰って消灯したところです。
外の気温はぐんぐん下がってきましたが、みんなぐっすり寝られると思います。
明日は近くの井戸尻遺跡に行って縄文体験をします。
楽しい思い出をたくさん作ろうね。



第2回ミニ山村留学 3日目


今日も朝から雨模様。今回はあまり天気に恵まれませんでしたが、子どもたちはいつも元気です。

DSCF7937.JPG
気温は16℃と空気も冷たく感じる朝を迎えました。

午前中は、昨日使った飯盒を洗ったり、寝袋をたたんだりした後、富士見周辺は縄文時代の遺跡が多く出土している場所ということで、茅野市にある尖石縄文考古館に行きました。

DSCN6553.JPG

DSCN6571.JPG
尖石縄文考古館では、国宝の土器をみたり、八ヶ岳山麓に住む動物のはく製などを見学しました。

山荘に到着すると雨が上がっていたため、少しの時間でしたが自由時間で遊びました。

DSCN6580.JPG
今が食べ頃の「やまぼうし」をとったよ!
ブルーベリーを食べた人もいたね。

DSCF7940.JPG
大きな怪我もなく元気に活動したみんな。
午後は山荘の掃除やもう少し自由時間で遊んでから、帰路につきたいと思います。



第2回ミニ山村留学 2日目


朝起きてみると小雨が降っており残念な天気に。
日中には時折雨もやんで日差しが出ることもありましたが、気温も低くなってきたので予定を少し変更して活動しました。

DSCN6489.JPG
雨のため朝のつどいは山荘1階の大部屋で行い、室内から元気な声で「おはようございます!」とやまびこ挨拶をしました。

DSCN6494.JPG
午前中は雨が強い時間帯もあり、畑でのジャガイモの収穫は断念。
近くにあるアルパカ牧場に行って、エサやりなどを体験しました。

DSCN6526.JPG
全体でのテント泊は中止となりましたが、希望者のみ山村周辺でテント泊に挑戦することになり、昼食後にテントを張りました。

DSCF7927.JPG
そして夕方からは、屋根のある炊事場を完備したキャンプ場へ。
最初に飯盒の使い方を習いました。

DSCN6534.JPG
運よく雨は降っていませんでしたが、濡れた薪のため火付けに一苦労。

DSCN6530.JPG
高学年の女の子は、カレーの食材切りを手伝ってくれました。

DSCF7933.JPG
自分たちで炊いたご飯は美味しかったね!

今はお風呂から上がり、これからナイトハイクに行ってきます。
帰ったらテント泊組も山荘組も就寝準備。
みんな昨日の就寝が遅かったので、今夜は早めに休みたいと思います。

※このレポートは活動の概要をお知らせするもので、参加者一人ひとりの様子や写真をお伝えするものではありません。ご了承ください。



第2回ミニ山村留学 1日目


約3か月ぶりの週末活動がいよいよスタート。
今回は金曜夕方に集合し、2泊の活動となります。
おもな活動は第1回に植えたジャガイモの収穫や1泊キャンプです。

新宿駅に集合した後は、特急で山梨県の甲府駅まで移動し、甲府からはバスですずらん山荘を目指しました。

DSCN6486.JPG
山荘に到着すると空気は少しひんやりとしていました。
天気はあいにくの曇り空。
食堂に集まって班の発表や山荘の注意事項などを確認しました。

今回は男子が2階、女子が1階で生活します。
大部屋でみんなちょっと興奮気味かな。
お風呂に入ったら布団を敷いて消灯準備をしました。

DSCN6487.JPG
お友達と一緒に寝るのは楽しいね!

DSCN6488.JPG
洗面所で歯磨きをする女の子たち。

明日は収穫体験をした後に飯盒でご飯を炊きます。
テント泊はちょっと微妙な天気ですが、みんなのパワーで晴れになったらいいですね。
おやすみなさい!

※このレポートは活動の概要をお知らせするもので、参加者一人ひとりの様子や写真をお伝えするものではありません。ご了承ください。



ヨット・カヌー班 5日目


今朝は小雨が降っており天気が心配でしたが、諏訪湖に到着してみると晴れ間も見えるいい天気で、みんなほっとしました。
ただ、朝から風が強く、時折白波が立つ状態だったため、午前中は艤装をして待機し、午後一斉にセーリングに出ました。
乗船最終日だったため、今までで一番の強風の中でしたが、みんなセーリングを楽しむだけの技術を身につけ、思う存分に楽しむことが出来ました。

DSCF7830.JPG

DSCF7820.JPG

DSCF7836.JPG
雨が降っていたため、少し遅めに諏訪湖に着いたみんな。
晴れ間が広がってくると、さっそく船ごとに艤装をしました。

DSCF7839.JPG
艤装が終わった後は、程よい風が吹くまで艇庫で座学をしたりして過ごしました。

IMG_7928.JPG

IMG_7942.JPG

IMG_7952.JPG
昼食後に出艇すると、湖面は今までで一番の強い風。
それでも、1人乗りの子は時折風に煽られてはいましたが、その強風に打ちかつ楽しみを見出しているようでした。
また、3人乗りの子は、舵を上手に操りながら、決められたブイを丁寧に回って練習をしました。

IMG_8012.JPG
最後の乗船を終えた後は、ヨット・カヌー班恒例のライフジャケット体験。
要するに、みんなで諏訪湖にダイブして楽しもうというもの。
桟橋から湖面に飛び込み、みんな満面の笑みでした。

DSCF7845.JPG
諏訪湖を出発する前の集合写真。
4日間の乗船活動の中で、一人ひとりに発見や技術の向上がありました。
諏訪湖ありがとう!

DSCF7867.JPG
すずらん山荘最後の夕食はバーベキュー。
星空のもと、みんなで楽しく思い出を語りながら、美味しいバーベキューをお腹いっぱい食べました。

明日はいよいよ解散です。
6日間過ごしたすずらん山荘の大掃除をしっかりとやった後、それぞれが思い出を胸に無事に帰宅できるように、最後まで協力していこう!

さて、このブログの最後に毎日書いていた言葉。
One for All All for One
これは、「1人はみんなのために、みんなは1人のために」というヨット・カヌー班の精神です。
活動や生活を通して実践できたかどうか・・・
それは、一人ひとりが自問自答してみてください。
そしてまた来年、ヨット・カヌー班で会いましょう!



ヨット・カヌー班 4日目


今日も快晴の朝を迎え、午前中はとうくろう杯、午後は全員でセーリングをしました。
午後は今までで一番の強風でしたが、これまでの練習の成果が出て、みんなよく風を掴んで船を進めていました。

DSCF7767.JPG
朝のつどいでは、日本の葛がアメリカで大繁殖してしまい、大変な問題となっていることについて、葛のつるを見せながら話しました。

DSCF7769.JPG
今日の朝食風景。
朝は若干みんなテンションが低いですが、しっかっりと食べていました。

IMG_7898.JPG
毎食の配膳や片付けもみんなの仕事です。
班毎に交代しながら協力して行いました。

DSCF7773.JPG
とうくろう杯に出陣する前のみんな。
1チーム3人でカヌーに乗り込み、計3チームの総当たりで勝敗を決めました。

DSCF7774.JPG
レース中は、今までにないくらいの応援とかけ声で、一生懸命パドルを漕ぐ姿がありました。

IMG_7903.JPG
レースを終えて港に帰港する場面。
勝ったチーム、負けたチームと勝敗は別れましたが、どのチームも力を合わせて漕ぐことが出来ました。

DSCF7795.JPG

DSCF7793.JPG

DSCF7797.JPG
午後は全員でセーリングです。
写真は乗船する船ごとにメンバーを撮影したもの。

DSCF7799.JPG

IMG_7915.JPG
1人乗り4艇、3人乗り2艇で沖に出て、今までで一番の風の中、2時間ほどセーリングを楽しみました。

DSCF7817.JPG
すずらん山荘に戻り、夕食の後にはとうくろう杯の表彰式がありました。
優勝チームはトロフィーに名を刻み、すずらん山荘に飾られます。
惜しくも負けてしまったチームも、来年こそはとぜひ再チャレンジしてください!

船に乗るのもいよいよ明日が最後となります。
天気は曇りで風も程よく吹きそうです。
明日も頑張っていきましょう!
One for All All fou One!!



ヨット・カヌー班 3日目


朝から快晴のすずらん山荘と諏訪湖でした。
今日は、昨夜みんなにヨットかカヌーのどちらに乗りたいかを希望調査したので、一日、自分の選んだ方の船で活動をしました。

DSCF7739.JPG
朝は少し散歩をして、オオバコを使った占い遊びをしました。

【カヌー】

カヌーを選んだのは男子2名。

DSCF7745.JPG
午前中はカナディアンカヌーに乗り、湖岸を進みながら昨日とは違う方向へと漕いでみました。

DSCF7743.JPG
まずは温泉で有名な諏訪地方ならではの、湖岸沿いに作られた足湯を体験。
湖から上陸して足湯に来た私たちを見て、観光客の人は少し驚いているようでした。

DSCF7756.JPG
午後は初めて一人乗りのカヤックに挑戦しました。
カナディアンカヌーとは違う漕ぎ方に最初は戸惑いも見られましたが、徐々にまっすぐ進めるようになり、昨日とは違う川を遡って楽しみました。

【ヨット】

ヨットを選んだのは男女7名。
昨日3人乗りを体験した2人がステップアップして1人乗りに挑戦し、クルーザーで基本を学んだ3人が、3人乗りのヨットにステップアップ!

IMG_7876.JPG

IMG_7874.JPG
諏訪湖に通いた時点では風はありませんでしたが、早速艤装をして出艇を待ちました。

DSCF7751.JPG
1人乗りヨットは、出艇の段階から全部1人でやらなければなりません。
風の方向を読んで、一人ひとりが元気よく出艇していきました。
午前中は港の中で練習をし、午後は風も出てきたので、湖に浮かべられたブイを周回する練習をしました。

IMG_7884.JPG

IMG_7892.JPG
1人乗り4艇と3人乗り1艇での練習風景。
徐々に操船にも慣れ、風をよく掴んで船を進めていました。

明日の午前中はヨット・カヌー班恒例の「とうくろう杯」を開催します。
1994年から続くこの大会は、班対抗でカヌーを漕いでレースをするもの。
みんなの結束力が試されます。
そして午後は全員でヨットを体験する予定です。
さあ、みんな頑張ろう!
One for All All for One!!



ヨット・カヌー班 2日目


今日も快晴に恵まれた諏訪地方。
すずらん山荘の朝の気温は12℃と、晩秋並みの気候となりました。
そんな中、経験のある人は1人乗りや3人乗りのヨットを体験し、初めてや久しぶりの人はカヌーとクルーザーを体験しました。

IMG_20180818_070347.jpg
朝は毎朝6時45分に起床します。
ひんやりとした空気の中で、今日は八ヶ岳についての話を聞きました。

山荘を8時半に出発し、諏訪湖に到着した後は、4人と5人のグループに別れて一日活動しました。

【4人グループ】

DSCF7702.JPG

DSCF7706.JPG
経験のある4人は、さっそくやり方を思い出しながら、自分の乗る船を艤装しました。
※艤装(ぎそう)とは、出艇できるように船を組み立てることです。

IMG_7837.JPG
そして、早めの昼食をとった後、適度な風が吹く諏訪湖へと出艇しました。
1人乗りが2艇、3人乗りが1艇です。

IMG_7854.JPG
最初は港の中で練習をし、体が感覚を思い出してきたところで、ブイを浮かべて所定のコースを巡回する練習を繰り返しました。

IMG_7872.JPG
風にあおられてしまう人もいましたが、最後には長野県ヨット連盟のみなさんも加わり、みんなでヨットを楽しむことが出来ました。

【5人グループ】

こちらのグループは、人力と風力の違いを体験するということで、午前中はカヌー、午後はクルーザーを体験しました。

DSCF7714.JPG

DSCF7716.JPG
まずはカヌーで諏訪湖に流れ込む上川を遡りました。
橋を4本超え、水辺の鳥やトンボを見ながらゆったりと漕ぐことが出来ました。

DSCF7723.JPG
午後からは大型ヨットのクルーザーで、セーリングの基本を学びました。

IMG_7871.JPG
最初にリーダーが見本で操船すると、風の力やヨットの傾きに、みんな驚いていました。

DSCF7720.JPG
その後、実際に風の力を手で感じてみようということで、風を受ける帆に繋がれたロープを引いてみました。
予想以上の風の強さに、みんなビックリしていました。

明日は自分のやりたい船に乗る日です。
準備や片付けもしっかりやって、明日も楽しみたいと思います。
One for All All for One!!



ヨット・カヌー班 1日目


いよいよスタートしたヨット・カヌー班。
参加者は9名と少ないですが、ヨット班経験者も多く、期間中は内容の濃い活動が展開できそうです。
初日の今日は、最初に活動場所である「諏訪湖」に行って乗船する船を見学し、その後、宿泊拠点であるすずらん山荘に移動して、船に乗るための座学を中心に活動しました。

IMG_20180817_113654.jpg
新宿駅に集合したみんな。
車内ではトランプなどをして過ごしました。

IMG_20180817_132243.jpg
諏訪湖に到着すると、まずは自己紹介を兼ねた希望調査をしました。
「一人乗りを極めたい」「レースに勝てるようになりたい」
「初めてなのでとにかく楽しみたい」など、一人ひとりが思いを語ってくれました。

IMG_7802.JPG

IMG_7801.JPG
すずらん山荘に到着すると、ヨットに乗るために必要なロープワークを学びました。
船だけでなく、キャンプなどの活動にも生かせる結び方なので、みんなしっかり練習していました。

IMG_7816.JPG
夕食まで時間があったので、景色のいい山荘周辺を散歩しました。
すずらん山荘は標高1,000mに位置し、今日も涼しい風が吹き抜けており、清々しい気候でした。

DSCF7700.JPG
夕食は、みんなでテーブルを囲んでいただきました。
みんなたくさんおかわりをしていました。

IMG_20180817_202445.jpg

IMG_20180817_201608.jpg
寝る前には座学を1時間ほど行いました。
座学とは船の名称や安全に関するルールなどを学ぶこと。
操船するためには絶対必要なことです。
難しい言葉も多かったですが、みんな真剣に聞いていました。

明日からはいよいよ船にのります。
天気も良さそうなので、みんなで楽しみたいと思います。
One for All All for One !!



2018週末活動 春の農業体験とデイキャンプ  2日目


スッキリと晴れた二日目。
DSCN6425.JPG
今日は畑での農業体験や自由時間をたくさんとって遊びました。

【食事風景】
育てる会では生活をしっかりやることも一つの体験としています。

DSCN6429.JPG
担当班で食器洗いをしたり・・・

DSCN6427.JPG
食べ物に感謝しながら、食事作法にも気を付けて食事をしました。

【農業体験】
DSCF7426.JPG
今回は、秋の収穫に向けてジャガイモとサツマイモを植えました。

DSCN6390.JPG
自分でクワを持っての畝たて体験。
農家の人の苦労を知る場面でした。

DSCN6405.JPG
ジャガイモは種芋を等間隔に植えて土をかぶせました。

DSCN6414.JPG
サツマイモは苗を土に植えていきます。

どちらも収穫に向けて順調に育ってくれるといいですね。

【自由時間】
子どもたちは外で走り回っていました。

DSCN6426.JPG
でも、ちょっと疲れちゃった子は部屋でまったりです。

【大掃除】
育てる会のモットーの一つは「次の人のことを考えて」。
すずらん山荘を次に利用する人のことを考えて、来た時以上に綺麗になるように、みんなで頑張って掃除をしました。

今は出発前の時間です。
子どもたちは外で元気に遊んでいます。
これから列車で新宿に向かいますが、大きな怪我もなく解散できそうです。
みんなそれぞれに思い出を持って帰れたかな。
おうちに帰ったら、たくさんお話ししてくださいね。



2018週末活動 春の農業体験とデイキャンプ  1日目


今日(5/19)から1泊2日の予定で、今年度最初の週末ミニ山村留学がスタートしました。
今年もたくさんの方々からお申込みをいただきましたが、山荘の定員もあり、今回は男女それぞれ10名ずつ、計20名の小学生が参加してくれました。
今回のテーマは「春の農業体験とデイキャンプ」です!

【特急に乗って信州へ】
DSCF7400.JPG
新宿駅に集合し、まずは玄関口である富士見駅へ。
車窓を眺めたり、トランプをしたりして過ごす中で、みんな徐々に打ち解けてきました。
お弁当も美味しかったね。

【すずらん山荘】
IMG_20180519_145050.jpg
標高1,100mにある「すずらん山荘」からは、八ヶ岳や南アルプスの眺めが最高!
甲斐駒ヶ岳がとても綺麗に見えました。

DSCF7403.JPG
DSCF7404.JPG
男女に分かれて自己紹介をした後は・・・

DSCF7406.JPG
さっそく外に飛び出して庭や森で遊びました。

DSCN6358.JPG
DSCF7413.JPG
何を捕まえたのかな?
花輪作りや草笛も楽しかったね。

【森でデイキャンプ】
その後は、八ヶ岳の裾野にある立場川キャンプ場で、夕食を兼ねたデイキャンプをしました。
豪勢な設備はないですが、森の木々が美しいキャンプ場です。

DSCN6375.JPG
薪を拾ったり、かまどをつくったり・・・

DSCN6374.JPG
飯盒でお米をといだり・・・

DSCN6381.JPG
班で協力して飯盒を使ってご飯を炊きました。

DSCN6385.JPG
メニューは定番のカレーライス。
出来上がった熱々ご飯に、リーダー特製カレーをかけていただきました。
みんなモリモリおかわりしていたね。

DSCF7422.JPG
午後七時前には山荘に戻り、夕暮れの中で一枚。
みんなすっかりお友達です。

【ナイトハイク】
DSCF7424.JPG
外はとても寒いので、ナイトハイクは希望者だけにしました。
寒くてすぐに帰る子もいましたが、ロングコースをぐるっと一周してきた子もいました。

天候にも恵まれ、みんな元気に活動出来た一日目でした。
予報では明日も天気が良さそうです。
明日は畑に行ってジャガイモやサツマイモを植えます。

今は布団に入っているみんな。
いい夢見てね!
明日も楽しもう!



第5回ミニ山村留学 2日目


 2日目の今日は、山荘周辺に残こっている古道を歩きました。

【古道ハイキング】

歩いたのは「信玄の棒道」。
武田信玄が上杉家攻略のために作った軍道で、八ヶ岳山麓に現存しています。

DSCF7220.JPG
まずはどんな道を歩くのか学習しました。
さあ、いよいよスタートです。

DSCF7225.JPG
途中、大きな赤松の木が倒れていて、みんなで乗って遊びました。

DSCF7224.JPG
松ぼっくりや枝を拾ったり...

DSCF7230.JPG
広い道があったり...

DSCF7236.JPG
狭い道を一列で歩いたりと、変化に富んだ道でした。

DSCF7240.JPG
ゴールは「三分の一湧水」という湧き水のある公園でした。
10時半に歩き始めて、途中お弁当を食べて到着は14時半。
足が痛くなってしまった子もいましたが、1年生もしっかりと歩ききることができました。

これで、今年度の富士見すずらん山荘でのミニ山村留学は終わりです。
次回第6回は来年1月に八坂センターで実施する予定です。



第5回ミニ山村留学 1日目


 晴天に恵まれてスタートした第5回ミニ山村留学。1泊2日の予定で、富士見すずらん山荘に向かいました。
 今回は、サツマイモほりとバードコール作り、山荘周辺に残る古道ハイキングをする予定です。

【サツマイモほりと焼き芋作り】

DSCF7174.JPG
山荘に到着した子どもたちは、さっそく裏の畑に行って、第1回に植えたサツマイモをほりました。
残念ながら天候不順で大きなサツマイモは少なかったですが、まるで宝探しのように夢中になってほっていました。

DSCF7190.JPG
ほったサツマイモは落ち葉を集めて焼き芋に。
森に行ってたくさんの落ち葉を拾ってきてくれました。

DSCF7205.JPG
焼きたてのサツマイモはホクホク。
大きいのはちょっとかたかったですが、美味しくいただきました!

【バードコールづくり】

DSCF7184.JPG
今回のお土産はバードコール。
森で好きな木を拾い、のこぎりで切って金具を差し込みました。
色々な音色が出ていましたね。

【自由時間】

DSCF7201.JPG
サツマイモが焼けるまでの自由時間では、男女仲良く「だるまさんが転んだ」をやっていました。
遠くには甲斐駒ヶ岳と青空。近くには紅葉の森。
とっても綺麗でした!

【ナイトハイク】

DSCF7216.JPG
今日は比較的昼間は暖かい一日でしたが、さすがに今(20時)は冷え込んできました。
ナイトハイクに行ってきます!

明日はお弁当をもって古道を歩きます。
木の実や栗が落ちているかも。
暖かくして就寝したいと思います。



第4回ミニ山村留学 3日目


 今日は朝から雨でしたが、井戸尻考古館にいって元気に活動しました。

【井戸尻考古館】

DSCF7141.JPG
山荘から20分ほどの場所にある考古館。
館内には様々な土器や出土品が展示してありました。

DSCF7146.JPG
実物大の竪穴式住居もあったね。

【飾り玉づくり】

外が雨だったため、館長さんや講師の小松さんのご配慮で、室内で行いました。

DSCF7153.JPG
まずは選んだ石を好きな形に削ります。

DSCF7156.JPG
黒曜石の矢じりで穴をあけたら出来上がり!

色んな形ができたので、ご家族の方は持ち帰るのを楽しみにしていてください!

これから荷物整理をしたり、山荘を掃除したりして帰宅したいと思います。



第4回ミニ山村留学 2日目


 6時半に起床すると、朝の気温はヒンヤリとしていましたが、昨夜の雨はやんで曇り空となっていました。
 ただ、雨で登山道も傷んでいるため、残念ですが予定を少し変更して活動しました。

【朝のつどい】

DSCF7101.JPG
山荘の外に集まって「やまびこ挨拶」などをしました。
ナツメの実も美味しかったですね。

【入笠山ハイキング】

雨は降っていませんでしたが、濃霧のため山頂までのハイキングは断念。
ゴンドラに乗車して、「入笠湿原」まで行ってきました。

DSCF7106.JPG
ゴンドラからの景色は最高とは言えませんでしたが、みんなとてもハイテンションでした。

DSCF7119.JPG
森の中をゆっくり歩いて、入笠湿原まで行きました。

DSCF7122.JPG
湿原では、靄がかかった幻想的な風景に出会えました。

【八ヶ岳自然文化園】

山荘に戻って昼食を食べた後は、近くにある八ヶ岳自然文化園に行きました。

DSCF7134.JPG
世界のカブトムシに大興奮の子どもたち

プラネタリウムの写真はありませんが、晴れていれば見られたかもしれない星空に、みんなじっと見入っていました。

【山荘での生活】

DSCF7104.JPG
食事風景。
食事の配膳や掃除、食事作法なども活動の大切な要素。
みんなしっかりとやってくれました。

今日は比較的自由時間もあったので、子どもたちも思い思いに遊んでいました。
明日は井戸尻遺跡に行って、見学と飾り玉づくりをします。
実は富士見町は縄文遺跡の宝庫。
昨夜は就寝が遅かったので、今日は早めに休んで明日に備えました。



第4回ミニ山村留学 1日目


 富士見高原に秋の気配が近づく今日、第4回ミニ山村留学がスタートしました。
 今回の活動は、山荘から見える入笠山に登ったり、縄文遺跡での飾り玉づくりなどが主な活動です。
 天気が心配ではありますが、みんな元気に集合してくれました。

【列車の中で】
DSCF7094.JPG
学校帰りに集合したみんな。
ちょっと疲れているかと思いきや、元気におしゃべりに花を咲かせていました。

【すずらん山荘着】
DSCF7095.JPG
まずは食堂で班の発表をしました。
DSCF7097.JPG
今回は女子が1F、男子が2Fに別れて生活します。
外の気温は、なんと11度!!
お風呂に入って、しっかりと温まって寝ました。

現在、外は小雨が降っています。
明日の天気も下り坂予報なので心配ですが、みんなの元気で楽しく活動したいと思います。



第3回ミニ山村留学 3日目


昨夜は雨に降られることもなく、朝はとても寒かったですがみんな元気に起床しました。

【2日目後半の様子】

DSCN6124.JPG
DSCN6129.JPG
DSCN6135.JPG
夕方からは飯盒を使ったご飯炊き。
かまどを作ったり薪を拾ったりと大忙しでしたが、ふっくら美味しいご飯が炊けました。
多少のおこげもあったけど、それも美味しかったね!

DSCN6138.JPG
夕食が終わるころには森の中は真っ暗に。
みんなテントに入って早めの就寝となりました。
22時の気温は14度!しっかり着込んで寝ましたね。

【3日目の様子】

DSCF7069.JPG
朝食はパンと温かいスープ。
お腹がとても温まりました。

DSCF7064.JPG
その後はテント内の片付けやテントを撤収し、森のゴミ拾いもして山荘に戻りました。
山荘に着くと寝袋やテントを干し、入浴を済ませて自由時間となりました。

まもなく山荘を出発しますが、今回も楽しく活動し、大きな怪我もなくみんな無事に帰宅できそうです。
次回第4回は10月中旬となります。
山荘の目の前に見える入笠山を登ったり、縄文体験などを予定しています。
お楽しみに!



第3回ミニ山村留学 2日目


朝起きると少し寒いほどでしたが、みんな元気に活動開始です。
天気も晴れて本当によかった!

DSCN6100.JPG
恒例の朝のつどいでのやまびこ挨拶。
みんな「おはよーございまーす!!」とお腹から大きな声を出していました。

DSCF7031.JPG
朝食は育てる会スタイルの正座で食べました。
食事作法も体験してほしいとの願いからです。

DSCF7037.JPG
DSCF7035.JPG
午前中は、キャンプサイトに移動して、自分たちが寝るテントの設営をしました。
それぞれのチームに分かれ、協力して立てられましたね。

DSCF7040111.JPG
DSCF7045321.JPG
お昼ご飯の後は畑に移動してジャガイモ掘りです。
大きなジャガイモが出てくると歓声を上げながら、みんな我先にと掘っていました。

これからキャンプサイトに再度移動して、飯盒を使ってご飯を炊いたりします。
今日のカレーには掘ったジャガイモも入る予定です。
キャンプサイトではレポートの更新ができないので、今日はここまでです。
明日のレポートをお楽しみに!






©SODATERUKAI All rights reserved.