やさか幼児・低学年班 やさかやまびこ班 やさか山村生活班 やさかチャレンジ班 やさか長期班 やさかファミリー班 自然研究班 サバイバル班 南信濃高原山村生活班 南信濃高原チャレンジ班 南信濃高原長期班 アルプスの里聖高原班 アルプスの里聖高原長期班 ヨット・カヌー班
トップ > 自然体験キャンプ > 自然体験キャンプ レポート > カテゴリー別アーカイブ

自然体験キャンプ レポート

8月19日 ヨット・カヌー班(3日目)


今日は朝から快晴となり、15時まで十分に船の活動を行うことが出来ました。

【ヨット】
1人乗りや3人乗り、セーリングクルーザーに分かれて、自分の技量にあった乗船活動をしました。
お昼前後は風が落ちてしまいましたが、適度な風が吹くことも多く、一人ひとりがステップアップを目指してセーリングしました。
DSCF6824.JPG
DSCF6822.JPG
DSCF6836.JPG

【カヌー】
今日もカヌーを選択した人は、1人乗りのカヤックに挑戦しました。
2人で漕ぐのと違って自由度が高い反面、自分一人だけで漕ぐので大変でした。
DSCF6815.JPG

【夕食風景】
2日目となり、みんな少し日焼け顔になってきました。
DSCF6848.JPG
DSCF6849.JPG

明日は、生活班対抗の手漕ぎレース「とうくろう杯」を午前中に行い、午後は全員でセーリングをする予定です。
天気は曇り予報ですが、よい風が吹いてくれることを期待したいですね。


19:50


8月18日 ヨット・カヌー班(2日目)


今日は朝からあいにくの雨でしたが、お昼頃には雨もあがったため、午後からはヨットと全艇種体験班に分かれて活動することが出来ました。

【朝のつどい】
午前7時、雨が小降りになったので、外に出て朝のつどいを行い、リーダーからは追加のロープワークの話などがありました。
DSCF6752.JPG

【天気の回復を待つ】
ハーバーに着くと雨が降り続いていたため、午前中は座学の続きを行い、天気の回復を待ちました。
DSCF6756.JPG

【ヨット】
午後からは経験のある人が、1人または3人乗りのヨットを艤装して湖にでました。
今までの経験と座学を駆使して、よく風を掴んで走ることが出来ました。
DSCF6784.JPG
DSCF6780.JPG

【全艇種体験】
ヨット班が初めての人は、カヌーとセーリングクルーザーを交代で体験しました。
クルーザーではセーリングの基本を学び、カヌーでは橋三本分の川を遡って練習しました。
P8181103.JPG
DSCF6786.JPG

明日の日中は晴れ予報となっています。
選択活動となり、自分の乗りたい船をとことん体験します。


20:00


8月17日 ヨット・カヌー班(1日目)


今日からヨット・カヌー班がスタートしました。
ヨット班経験者はそれぞれに目標を持ち、初めて船にチャレンジする人は、まずは様々な船に乗船することを目標としました。

【ファーストミーティング】
諏訪湖に到着すると、まずは船舶活動の心構えを青木リーダーから聞きました。
みんなで協力し助け合うこと、活動には「準備、乗船、片付け」があり、最も大切なことは片付けであることなどなど。
どれも安全にみんなが気持ちよく活動するためには必要なことばかり。
みんな真剣に聞いていました。
DSCF6726.JPG

【船舶紹介・一人乗りヨットの艤装&ロープワーク】
初めてヨット班に参加した人を中心に、明日から乗る船の紹介があり、昨年一人乗りや三人乗りの小さなヨットに乗船した人は、じっくりと確認しながらヨットの艤装を行いました。
また、ヨット活動の必須スキルであるロープワークも実施し、みんな悩みながらも、四つの結び方を何度も何度も練習していました。
DSCF6730.JPG

DSCF6734.JPG

【すずらん山荘の生活】
宿泊拠点のすずらん山荘は、標高1,100mの富士見高原に建っています。
これから毎日、食事の配膳や掃除などの協働作業をしながら生活していきます。
DSCF6743.JPG

【夜の座学】
夜には毎日ヨットに関する座学があります。
初日の今日は、昼間のロープワークの復習や、船体の名称テストなどを行いました。
DSCF6747.JPG

明日の天気は残念ながら雨予報となっていますが、経験者はヨットに乗船し、初めての人は全艇種体験を予定しています。


21:10


第2回ミニ山村留学 2日目


 2日目は快晴に恵まれました。
 今日は一日諏訪湖での船体験。日差しは暑かったですが適度な風が吹き、みんな思いっきり活動することができました。

DSCF6640.JPG
朝食風景。
みんな朝からしっかりとごはんを食べました。

諏訪湖では、ヨット(クルーザー)、カナディアンカヌー、モーターボートの3種類の船に乗船し、
周りの自然や風を肌で感じることができました。

DSCF6654.JPG
クルーザーでは、風で進むヨットの原理やヨットが自然にやさしい点などを学びました。

DSCF6659.JPG
カヌーは人力で進む船。
風が強く苦労しましたが、水面を近くに感じながら体を動かすのはとても気持ちよかったですね。

DSCF6650.JPG
モーターボートでは、諏訪湖の話をたくさん聞くことができました。

DSCF6673.JPG
最後はみんなで諏訪湖にダイブ!
ライフジャケットを体験する目的ではありましたが、それよりも飛び込むことが楽しかったみんなでした。

帰りの電車では、水に入って疲れたのか、ウトウトする子もたくさんいました。
みんな、楽しかったね!


23:29


第2回ミニ山村留学 1日目


 今日から始まった第2回ミニ山村留学。
 前回よりも多い21名の子どもたちが参加して、元気にスタートしました。
 今回も、アルパカなどの動物とのふれあいや自由時間、夕食バーベキュー、諏訪湖でのヨットカヌー活動と盛りだくさんです。

新宿から特急にのって長野県富士見町に着くと、風が冷たく感じられました。
空も雲が多かったため、予定を繰り上げてまずは「八ヶ岳アルパカ牧場」へ。

KIMG1091.JPG
毛がふかふかで穏やかなアルパカに、みんな興味津々。
エサやりも最初はおっかなびっくりでしたが、徐々に慣れて何度も手を差し出していました。
アルパカ以外にも、ウサギやモルモット、ポニーなどがいて、ターザンロープやスタンプラリーを楽しむことも出来ました。

DSCF6611.JPG
山荘に戻った後は、待ちに待った自由時間。
カエルや虫捕り、花摘み、森のつるでターザンごっこ、おにごっとなど、1時間思う存分遊びました。

DSCF6621.JPG
バーベキューの前にはロープワークもやりました。
難しい結び方だったけど、できた時は喜びいっぱいでした。

DSCF6626.JPG
お待ちかねのバーベキューは、最後に雨が降ってしまいましたが、お腹いっぱい食べて満足することが出来ました。

DSCF6636.JPG
今は雨が降っているのでナイトハイクはできませんが、部屋の中で楽しくおしゃべりをして、消灯時間を待っています。

明日は諏訪湖で船の活動です。
力いっぱい活動できるように、早めに就寝したいと思います。


20:41


第1回ミニ山村留学 2日目


 2日目も快晴に恵まれ、みんな元気いっぱいに活動することができました。

DSCF6561.JPG
山荘裏の畑にいって、ジャガイモやサツマイモ、その他の野菜などを植えました。
写真はリーダーの説明も聞いているところ。
とても暑かったね。

DSCF6555.JPG
まずは鍬で土を掘ってジャガイモ植えです。
各班で一列、等間隔にジャガイモを置き、間に肥料をまいて土をかぶせました。
その後、サツマイモやナス、ピーマン、トマト、キュウリの苗を植え、最後に二十日大根の種をまいて終了しました。

DSCF6579.JPG
次はシイタケの植菌です。
ドリルで穴をあけた原木に、木づちで菌コマを打ち込みます。
みんな楽しくて、夢中になって叩きました。

DSCF6585.JPG
DSCF6586.JPG
生活面では、班ごとに食事をしたりお風呂に入ったり。
お皿洗いも当番でしっかりやってくれました。

今回植えたジャガイモなどは、第3回で収穫します。
2日間、みんなお疲れさまでした!


21:18


第1回ミニ山村留学 1日目


 2017年度のミニ山村留学が今日からスタート。
 第1回の今回は、デイキャンプや畑のジャガイモ植えなどが主な活動になります。
 活動場所の長野県富士見町は、八ヶ岳の麓に広がる高原にあります。
 晴天に恵まれた今日は、お昼過ぎに現地に到着し、自由時間にはカエルを捕まえたり、シロツメグサで花輪を作ったりして遊びました。
 午後3時頃からは、森に囲まれた立場川キャンプ場に移動し、飯盒炊爨をして夕食に美味しいカレーを食べました。

DSCF6512.JPG
新宿駅から特急で富士見町を目指しました。
お弁当を一緒に食べたり、トランプなどをしたりして、すっかり仲良くなったね。

DSCF6518.JPG
すずらん山荘に着いたら、男女に分かれて自己紹介をしました。
女子は食堂で輪になり、学年や住んでいることろなどを、お互いに面白おかしく発表しました。

DSCF6542.JPG
キャンプ場に着いたら、班に分かれて飯盒でご飯を炊きました。
かまど作りや薪拾い、火つけにも挑戦!
なかなか火がつかなくて悪戦苦闘しましたが、およそ2時間かかって何とか炊き上がりました。

DSCF6548.JPG
みんなが頑張って炊いたご飯と、リーダー特製のカレーが今日の夕食です。
ふっくらしたご飯もおこげも、頑張ったみんなにはとっても美味しく感じられたようです。
たくさんお代わりをしてくれました。

キャンプから帰ってお風呂に入り、日記を書いたりして、今はナイトハイクが終わって消灯したところです。
明日は畑でジャガイモや野菜を植えたりします。
天気も晴れ予報なので、ぐっすり休んで明日も元気に活動しましょう!


21:20


第5回ミニ山村留学 2日目


 日曜日の朝は気温がなんと7度!
 とっても肌寒い日となりましたが、日中には晴れ間も見え始め、富士見町にある井戸尻考古館で縄文体験をしました。

DSCN5270.JPG
7時に起床した後は外に出て「やまびこ挨拶」
寒かったけど、子どもたちの元気な声が響きました。

DSCF6399.JPG
井戸尻考古館に着くと、まずは展示品を見学しました。
みんながこれから作る「飾り玉」もあったね。

DSCN5275.JPG
日差しが出てきた中、外の芝生で飾り玉作りスタート。
学芸員の方が山で集めてきた石を石板で形にしていきます。

DSCN5279.JPG
形が出来たら、黒曜石を使ったキリで紐を通す穴を石に開けて完成です!

今回は縄文時代と同じ材料や道具を使って飾り玉を作りました。
そのため、学芸員の方からは「もし公園などに落としてしまったら、そこが遺跡になっちゃうからね!」というお話もありました。

5月から富士見で行ってきたミニ山村留学も、今年はこれで終了です。
次回は年明けの1月下旬、場所を八坂に移して雪遊びやホームステイの活動をします!


11:32


第5回ミニ山村留学 1日目


 今日から始まった第5回ミニ山村留学。
 昨日の雨はあがりましたが、晴れたり曇ったりの天気の中、今回は脱穀体験や縄文の飾り玉づくりなどをします。
 5月から継続してやってきたお米作りも、いよいよ大詰めです。

DSCN5235.JPG
新宿駅に朝集合し、特急で富士見駅を目指しました。
車内ではトランプをしたりしながら楽しく過ごしました。

DSCN5247.JPG
まずは天日干しにしていた稲を、昔の道具を使って手作業で脱穀しました。
使ったのは千歯こきや回転脱穀機といった教科書に出てきそうな道具。
昔の人の苦労を実感しながら、一生懸命頑張りました。

DSCN5251.JPG
ちょっと休憩に、脱穀した藁の上で一休み。

DSCN5268.JPG
夕食には収穫したてのご飯をいただくはずでしたが・・・。
実は昨日の雨で米の水分量が規定より多くなってしまい、残念ながら精米できませんでした。
それでも、みんなで祝箸を使い、新嘗祭のお話などもして美味しく夕食をいただきました。

精米できなかったため、お米もお土産にはできませんが、後日みんなの家に送るので、楽しみにしていてください!
明日は山荘近くの縄文遺跡で、自分だけのオリジナル飾り玉を作ります。


20:35


第4回ミニ山村留学 3日目


 3日目も朝は雨でしたが、荷物整理や山荘の大掃除をしているうちに雨も上がり、みんなでハイキングに行きました。
 歩いたのは「信玄の棒道」と言われる古道で、400年以上前に武田信玄が北信濃攻略のために作らせたという道です。
 今はハイキングや乗馬のツーリングコースになっていますが、秋を感じながらのんびりと歩くことができました。

DSCF6387.JPG
ススキに囲まれた山道を、キノコやどんぐり、栗などを探しながら歩きました。

DSCF6394.JPG
途中、富士山がクッキリと見える場所も。
雨もあがって気持よく歩けたね。

今回刈りとった稲は、しばらく天日干しにして第5回に脱穀精米をします。
自然の恵みいっぱいのお米を、早く食べたいですね!!


21:40





©2012-2017 SODATERUKAI All rights reserved.