やさか幼児・低学年班 やさかやまびこ班 やさか山村生活班 やさかチャレンジ班 やさか長期班 やさかファミリー班 自然研究班 サバイバル班 南信濃高原山村生活班 南信濃高原チャレンジ班 南信濃高原長期班 アルプスの里聖高原班 アルプスの里聖高原長期班 ヨット・カヌー班
トップ > 自然体験キャンプ > 自然体験キャンプ レポート > 8月8日 やさか 活動の様子

自然体験キャンプ レポート

« 8月6日・7日 やさか 活動の様子 | メイン | 8月8日 売木センターの様子 »

8月8日 やさか 活動の様子


今日も朝から青空が広がり、セミの声が響き渡っていました。

やさか長期班は丸一日農家さん宅で過ごす日。やさかチャレンジ班は、木崎湖湖水浴と釣りに分かれて活動。

DSCF8352.JPG

そして、午後にはやさか幼児低学年班の31名がセンターに合流。

リーダー、スタッフを合わせると約140人の大所帯となり、8月12日までそれぞれの班ごとに大自然の中で活動を展開していきます。

*****やさか長期班*****

5軒に分かれて地域の家庭で過ごす「農家体験」2日目。昨日から、各家庭ごとに様々な活動をさせてもらっています。夏野菜の収穫や、収穫した野菜を使ったおやつ作り、布ぞうりづくり、ブルーベリージャム作り、おやき作りなどなど、山村での夏の体験を思い思いに楽しんでいました。

201988_190808_0013.jpg

IMG_4611.JPG

IMG_4609.JPG

RIMG2153.JPG

RIMG2159.JPG

明日、朝食をいただいたあと、センターに戻ってくる予定です。

*****やさかチャレンジ班*****

昨日の夜、参加者のみんなから希望をとった結果、今日は木崎湖湖水浴グループ21人、金熊川での釣りグループ24人に分かれて活動をしました。

木崎湖は、北アルプスからの冷たい雪解け水が注がれ、透き通った水がきれいな湖。絶好の水遊び日和となったこの日、水をかけ合ったり泳いだり、桟橋から飛び込んだりと、思いっきり水遊びを楽しんできました。

DSCF8367.JPG

DSCF8377.JPG

DSCF8384.JPG

お弁当を食べ、おやつには恒例のスイカ割り。湖畔には賑やかな声が響き渡りました。

DSCF8397.JPG

釣りグループは、しかけ作りからスタート。竹林から事前に切り出しておいた竹竿に、糸と針、浮きなどを結んでしかけを作りました。

その後、釣り場所へ到着し、さっそく釣り糸を垂らしました。

RIMG1597.JPG

釣れた魚は、自分たちでさばいて、その場で唐揚げにしてパクリ。

RIMG1600.JPG

RIMG1603.JPG

RIMG1609.JPG

中には釣れなかった子もいたようですが、釣れた子から分けてもらって口の中へ。「カリカリしてておいしい!」と、自分たちで釣った魚を美味しく食べていました。

*****やさか幼児低学年班*****

大阪名古屋方面や東京方面から、5歳から小2まで31人のお友達が集まりました。

20190808_121842.jpg

センター手前約1.5kmの場所でバスを降り、自然いっぱいの道を歩いて向かいました。さっそく虫を追いかけたり、草花を摘んだりと、みんな元気いっぱいに歩く姿がありました。

20190808_143557.jpg

20190808_145726.jpg

お風呂に入り、夕食を食べ、夜には班ごとの自己紹介や、明日からの予定についてお話がありました。

20190808_185018.jpg

20190808_203435.jpg

20190808_205528.jpg

お父さんお母さんから初めて離れて生活する子にとっては、大きなチャレンジであり、自立への第一歩となるこの5日間。「自分のことはできるだけ自分でやってみよう!」とリーダーから声掛けがありました。

明日、長期班は2泊3日の農家活動から戻ってきます。

チャレンジ班は、サバイバルキャンプと、古民家生活に分かれてそれぞれ1泊する予定。

幼児低学年班は、川遊びの予定です。















©SODATERUKAI All rights reserved.