やさか幼児・低学年班 やさかやまびこ班 やさか山村生活班 やさかチャレンジ班 やさか長期班 やさかファミリー班 自然研究班 サバイバル班 南信濃高原山村生活班 南信濃高原チャレンジ班 南信濃高原長期班 アルプスの里聖高原班 アルプスの里聖高原長期班 ヨット・カヌー班
トップ > 自然体験キャンプ > 自然体験キャンプ レポート > 8月11日 売木センターの様子

自然体験キャンプ レポート

« 8月11日 やさか 活動の様子 | メイン | アルプスの里聖高原長期班・11日 »

8月11日 売木センターの様子


南信濃高原 長期班 4日目

曇り空の中、朝のつどいでは、野外で熊や蜂・蛇に出遭ってしまったときの対処法をロールプレイング。

DSCF0529.JPG

ちょっとした自由時間に、男子部屋でも女子部屋でも流行っているのが 人狼ゲーム 。エスカレートしてしまうのだとか。

DSCF0543.JPG

リーダーに声をかけ、将棋に興じる男の子たちもいます。

DSCF0544.JPG

午前中は、初めての選択活動をしました。太鼓を選んだ7名のうち、太鼓を打ったことがある子が半分以上。基礎練習をした後、豊年太鼓を練習し、全員 一通り 打てるようになりました!

DSCF0744.JPG

当然、準備や片づけも自分たちで行います。

DSCF0743.JPG

久しぶりに太鼓を打ち、「腕が痛い...。」「筋肉痛...!」と苦しむ子もいましたが、選択活動時間が終わっても熱心に、バチさばきや身体の使い方をリーダーに教わる子も!!

DSCF0750.JPG

釣りを選んだのは参加者の半数 17人。レクチャーを受けた後、大勢でも糸を垂らせそうな センター前を流れる岩倉川の下流キャンプ場の湖畔へ。暑さのためか岸には魚影がなく全くヒットせず...。

DSCN7004.JPG

そこでさらに下流、売木川の本流まで移動しましたが、釣果はゼロ。
正午を過ぎて時間切れ...。

DSCN7005.JPG

昼食後に2時間ほどフリータイムがあるので、「リベンジする子はいないか」と呼び掛けたところ、子ども5人とリーダー2人が希望。

20190812003440.PNG

この人数ならセンター前の岩倉川での釣りが可能。木陰の岩の間を流れる渓流に餌を落とすと...、

20190811215216.PNG

ヒットしました!
初めて釣りをしたリーダーがアマゴも一匹、ゲット!! 胸を張ってセンターに帰り、夕食に焼いていただきました。子どもたちの大きな刺激に。

20190811215249.PNG

じゃがいも掘り&野菜の収穫・調理を選んだのは5名。畑で男爵いもを掘ったり、枝豆やクウシンサイの収穫をしたり、ズッキーニ・ピーマン・ししとう・ミニトマト・モロッコいんげんなどをとったり。暑かったので、休憩を挟みながら作業。とった野菜の調理はせず、午後の活動で使うことに。

IMG_0063.JPG

祝 山の日 ということで、山登りを選んだのは5名。センターを出発し、山水を飲んだり、花の蜜を吸ったり、笹舟作りをしたり、山椒の葉の匂いをかいだり、生き物を観察したりしながら、のんびりと岩倉ダムキャンプ場方面へ2kmほど。そして、遊歩道を登り、高森山の頂上を目指すことに。

DSCF0553.JPG

はりきってどんどん登っていく先頭の子。だんだん話声がなくなり、息が上がる子もいましたが、「大丈夫、大丈夫。」と休憩なしで、急登を登っていきました。ようやく着いた頂上では口々に、「やった!」「途中でやめなくてよかった!」「すごい達成感がある!」と笑顔。

DSCF0555.JPG

下りも結構 急でしたが、山の中の涼しさを感じながら楽しく歩きました! 村の中心部方面へ下山し、そこから国道を3km歩いてセンターへ。高学年の子が、年下の子たちを気遣って歩く場面も。皆 元気に歩き通しました!

DSCF0558.JPG

お昼はお弁当を選択活動班ごとに食べ、乾いた洗濯物を取り込み、午後3時まで自由時間。

それから、全員で食文化体験。郷土料理のひとつである五平もちを作りました。五平もちだけではなく、畑で収穫した野菜たっぷりのスープやお漬けものなども分担して作り、夕食に食べることに。

五平もち作り担当班は、まず 全部で3升強のうるち米をすりこ木で半殺しに。

DSCF0566.JPG

お米の粒が残る程度に半搗きにしたうるち米を丸め、串につけ、小判型に整えました。なかなか難しかったようで、「リーダー、これでいい?」「直してくれる?」と。中には、手直しが必要ないくらい上手に握れる子もいました!

DSCF0572.JPG

くるみだれ作りもしました。すり鉢とすりこ木でくるみを擦り潰し、冷ました緑茶や砂糖・しょうゆといった調味料を加え、味を調えていきます。

DSCF0576.JPG

野外では、炭おこし・ニジマス焼き・五平もち炙りを担当する十数人が汗をかいていました。およそ50匹のニジマスに串を打つのに苦労していましたが、なんとか打ち終えると塩をふり、良い具合にどんどん焼いていきました。

食堂で握られたばかりの五平もちは、窓から野外組に渡され、炭火で両面をこんがり焼かれ、食堂へ戻ってきます。それに、くるみだれをたっぷりと塗り、再度 野外組に託します。

DSCF0581.JPG

並行して、厨房では十数人が賑やかに、収穫した野菜を切ったり、

DSCF0569.JPG

調理したり。50人弱の食材料の多さに驚く子も!

DSCN7017.JPG

野外組は、炭火の前でニジマス・五平もちを長時間 焼き続け、最後はくるみだれを塗った五平もちの両面を炙りました! なかなかの手際よさ。

DSCN7022.JPG

仕事を分担し合ったので、配膳し終わり 食べるときには、皆で一仕事したという満足感がありました。食卓に並んだ 五平もち・ニジマスの塩焼き・ゆでとうもろこし・きゅうりとズッキーニのお漬けもの・野菜たっぷりスープ。自分たちで作ったからなのか、いつもはそれほど食べない子も「なんだか今日は食べられる!」といろいろなものをおかわり。大きな五平もちをぺろりと食べた後、もう半分や一本 おかわりした子も!!

DSCF0583.JPG

片づけや掃除も分担して行い、入浴・洗濯を済ませて、就寝。

明日の午前も選択活動、午後はキャンプをする予定です。















©SODATERUKAI All rights reserved.