やさか幼児・低学年班 やさかやまびこ班 やさか山村生活班 やさかチャレンジ班 やさか長期班 やさかファミリー班 自然研究班 サバイバル班 南信濃高原山村生活班 南信濃高原チャレンジ班 南信濃高原長期班 アルプスの里聖高原班 アルプスの里聖高原長期班 ヨット・カヌー班
トップ > 自然体験キャンプ > 自然体験キャンプ レポート > 月別アーカイブ(2018年10月)

自然体験キャンプ レポート 月別アーカイブ(2018年10月)

第3回ミニ山村留学 2日目


明け方は少し雨が降っていましたが、徐々に雨も上がり、気持ちのいい朝を迎えました。
今日は、山荘近くの井戸尻遺跡に行って飾り玉を作りました。

DSCN6642_003.JPG
朝のつどいでは、目の前の南アルプスに向かって、大きな声でやまびこ挨拶をしました。

DSCN6647_004.JPG
今日の朝食のメインは、ジャガイモとベーコンの炒め物。
美味しくいただいた後は、当番の子がお皿を洗ってくれました。

DSCN6651_005.JPG

DSCN6654_007.JPG
井戸尻遺跡に到着すると、まずは展示されている土器や矢じりなどを見学しました。
飾り玉も展示されており、縄文時代の実物を見ることが出来ました。

DSCF7952_001.JPG
飾り玉の指導は、館長の小松さんにお願いしました。

DSCF7954_002.JPG

DSCF7958_003.JPG
まずは自分で好きな石(ろう石)を選び、形をイメージして花崗岩などで削ります。
形が出来たら、小松さんお手製の黒曜石の矢じりで穴を開けて完成です。

DSCF7962.JPG
自然の石と道具で作り上げた飾り玉は、どれもとっても綺麗でした。

最後に小松さんから一言。
「縄文人と同じように、自然の石と道具で作った飾り玉なので、決してどこかに捨てないように」
「捨ててしまうと、そこが縄文時代の遺跡になっちゃうからね!」
みんな大事に持って帰ろうね。

DSCF7964.JPG
昼食と大掃除が終わり、今は少し自由時間です。
子どもたちは外で遊んでいます。
みんな元気に帰路につけそうです。

次回の週末活動は、より秋の深まった11月に焼き芋作りや古道ハイキングを行う予定です。
お楽しみに!



第3回ミニ山村留学 1日目


今日からスタートした「入笠山湿原散策と縄文体験」。
天気が心配されましたが、快晴とはいかないまでも、時折薄日のさす天候の中で活動することが出来ました。

IMG_20181013_101012.jpg

IMG_20181013_101022.jpg
新宿駅から特急あずさで八ヶ岳山麓の富士見町へ。
車内ではトランプをしたりして楽しく過ごしました。

まずは入笠湿原へハイキングに出かけました。

IMG_20181013_134739.jpg
ゴンドラに乗って一気に1,700mの世界へ。

IMG_20181013_141009.jpg
カラマツ林の中を木々を眺めたり、お喋りをしたりして歩きました。

DSCN6611.JPG

IMG_20181013_145553.jpg
15分ほど歩くと入笠湿原に到着です。
この時期は草花は終わってしまっていましたが、カラマツの紅葉が少し始まっていました。
木道を歩くのも楽しかったね。

IMG_20181013_142501.jpg
みんなで記念撮影。
思ったほど気温も低くなく、みんな元気一杯に歩けました。

IMG_20181013_152536.jpg
ゴンドラの山頂駅付近では、眼下に富士見高原を一望することができました。

DSCN6641.JPG
山荘に戻ったらしばし自由時間。
栗を拾ったり、カエルを捕まえたり・・・。
シロツメクサやアカツメクサをたくさん摘んだ子もいました。

DSCF7948.JPG
お風呂の後はお待ちかねの夕食。
今日のメイン料理は豚の生姜焼きで、お腹が痛くなるほどたくさん食べた子もいました。

今はナイトハイクから帰って消灯したところです。
外の気温はぐんぐん下がってきましたが、みんなぐっすり寝られると思います。
明日は近くの井戸尻遺跡に行って縄文体験をします。
楽しい思い出をたくさん作ろうね。






©SODATERUKAI All rights reserved.