トップ > 山村留学 > やまなみだより > 小学生アルプス登山、中学生船舶活動の予定が・・・

やまなみだより

八坂美麻学園 元気な子どもたちの山暮らし日記

« 無事夏行事が終わり、学園生が戻ってきました | メイン | 中学生は諏訪湖で船舶活動! »

小学生アルプス登山、中学生船舶活動の予定が・・・


 8月29〜30日は、もともと小中に分かれ、小学生アルプス登山、中学生船舶活動という予定でしたが、前線通過のため大気・天候が不安定で、アルプス登山は実施出来ませんでした。
 予報通り、29日午前は雨・・・。しかし、午後から雨が上がり、翌日の夕方までは雨に当たらずに済んだので、中学生は予定通り船舶活動を実施し、小学生は登山に代わる大きな活動に臨みました。
 29日に女犬原(めいぬはら)でキャンプし、翌日は八坂の北端から南端まで、山道や古道を繋ぎ、約12kmの道のりを踏破しました!

踏破し、八坂南端の大滝で集合写真!

 八坂には、古人が生活に使っていた古道や廃道が縦横無尽に走っています。
 今回、小学生たちは、美麻地籍の女犬原(めいぬはら)でキャンプをした後、八坂北端の槍平(うつぎだいら)から南端の万仲(まんじゅう)まで、約12kmを踏破しました。

廃屋を覗くと、昔の生活が見えてくるようです。

 道中に点在する廃集落や廃屋では、足を止め、古人の生活に触れました。外から廃屋の中を覗き込むと、いろりの跡や養蚕、炭焼きの名残りを垣間見ることが出来ました。まるで、生活する人たちの姿が浮かび上がってくるかのようでした。途中、炭焼きの職人さんが仕事をしていたので、作業小屋に入れてもらい、出来上がった炭や窯を見せていただくことも出来ました。

炭焼き職人の方のお話し

 午後になると晴れ間が広がり、峠や山を越えていくと、次第に展望も楽しめるようになってきました。こうして、丸1日かけて、八坂を北端から南端まで約12km踏破しました。
 小学生とはいえ、毎日山道を通学しているだけあって、やはり山村留学生の足腰と精神力は強いものです。

地層露出地も多く、歴史、文化ばかりでなく、自然の学習の題材にも事欠きません!















©2012-2018 SODATERUKAI All rights reserved.