トップ > 山村留学 > やまなみだより > 最初で最後のお鍋

やまなみだより

八坂美麻学園 元気な子どもたちの山暮らし日記

« ひな人形飾りました | メイン | スキー検定 »

最初で最後のお鍋


冬になると、子どもたちから「鍋を食べたい」という要望が出てくるのですが、
鍋を出すとなれば6〜7名の生活班ごとに一つの鍋を囲んで食べることになる
ため、食事にかなりの時間がかかってしまうので、なかなか出してあげられな
いのが現実です。

3月6日(金)の夜は、しっかり時間を確保して、『水炊き鍋』を出してあげました。

鍋を出すと、班ごとに子どもたちの個性が出て、とても盛り上がります。
鍋奉行がいる班は、その子の指示に従って、鍋に具材を入れていきます。
煮えるまで待ちきれない子は、煮立つ前に蓋を開けてしまったり、生野菜
をつまみ喰いをして、まわりの子たちから叱られて思わず顔を赤くしていました。

ようやく鍋から湯気が出始め、具材が煮えたのを確認すると・・・
一気に鍋に群がる子。ひと段落してから静かに皿に取る子。
一人ひとりの性格が見て取れる光景でした。
中学生の班長が、手が届かない小学生の分を取り分けてあげる場面も
見られました。

さぁ、食べるぞ〜!!    閉めはやっぱりラーメン!

締めはラーメン。
お腹いっぱいかと思いきや、麺が大好きな子どもたちには別腹。
どの班も最後のラーメンまでしっかり食べていました。

全員が学校から帰園してから食べ始めたので、何と終了したのは20時20分・・・!
時間がかかってしまいましたが、久しぶりに鍋を囲み、楽しい食事になりました。















©2012-2018 SODATERUKAI All rights reserved.