トップ > 山村留学 > やまなみだより > 月別アーカイブ(2013年3月)

やまなみだより 月別アーカイブ(2013年3月)

八坂美麻学園 元気な子どもたちの山暮らし日記

修園


3月20日。
平成24年度八坂美麻学園の修園のつどいが行われました。

今年度も、30人の学園生が無事、この日を迎えることができました。
たくさんの方々の支えあってこそのこの1年間。
関係者の皆様に心より御礼申し上げます。

P3170119_convert_20130328121740.jpg

まずこの修園のつどいは、「式」ではなく、お世話になった方々や保護者など
みんなが「つどい」、子どもたちの成長や成果を見届ける場であること。
堅苦しいものではなく、笑いあり、涙ありで大いに結構。
1年間の山村留学生活をやり遂げた子どもたちと、それを支えていただいた
農家さん、先生方、地域の方々。離れて生活した1年を乗り越えた保護者、
祖父母、兄弟。それぞれが「山村留学」にかかわる中で、様々な想いを抱え
ながら過ごした1年の締めくくりの場であり、さらには、新たな1年へ踏み出す
出発点でもあります。

1年の活動などをスライド写真で振り返ったあと、子どもたちが1年間の体験で
感じたこと、学んだこと、次への決意などを、マイクなし、原稿なしの大きな声で
一人ひとり発表していきました。想いがあふれて泣きながら、それでも最後まで
発表した子、堂々と次年度の決意まで言い切った子など様々。
そして、それぞれの担当の指導者から、言葉を添えて「修園賞」が手渡されました。

最後に、30人全員で「三宅島木遣り太鼓」を、感謝の気持ちをこめて精いっぱい
たたき、「山留のテーマ」を歌い、つどいを終えました。

修園賞の文面を紹介します。
「あなたは 本会育てる村学園において 平成24年度山村生活のきびしさに克ち
 四季の自然に学び 成長期に必要な 人間の重要な体験を修めたことを賞します」

それぞれの新しい道で、さらに体験したことを熟成させ、深め、力にしていくこと
を願います。


11:47


ひなまつりの食卓


3月3日、今年度最後のセンター入り。
3月20日の修園のつどいまで、残すところ16日となりました。

この日の夕食は、ちらし寿司、ちくわの磯部揚げ、菜の花のからし和え、お吸い物。
そしてデザートに桜餅でした。

P1060398_convert_20130304154652.jpg
P1060399_convert_20130304154830.jpg


ひなまつり文化の話や、桜餅と道明寺の違いなどについても説明を加えながら、
みんなでそこまで迫った「春」を感じながらの食卓となりました。

P1060401_convert_20130304154928.jpg


15:26





©2012-2017 SODATERUKAI All rights reserved.